経済・政治・国際

どうするアイフル、ハンサム日記▽・w・▽???

大手消費者金融会社のアイフルが、強引な取り立てなどがあったとして金融庁から全店舗の一部業務停止命令を受けたそうである(毎日新聞の記事よりhttp://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20060415k0000m020052000c.html

委任状を偽造して戸籍抄本を入手したり、借り手の母親に催促の電話をかけたりして、しかもそれが特定の支社だけで行なわれていたのではなく、各地で強引な手口による違法行為があった、として異例とも言える厳しい処分になった、と記事にはある。

業務停止中は、新たな契約はおろか、勧誘も広告も貸し出した金の回収も出来ない、ということでしかもそれがアイフル全店舗におよぶわけだから、これは相当な打撃を受けるだろう。

契約者本人以外の関係者に「金を返せ」と、言うことくらいならまあ電話をかけて本人が出ない場合なんかにはありがちかもしれないが、委任状の偽造となると、違法行為どころか犯罪行為だ。

テレビやラジオや新聞雑誌、今ではネット上でもガンガン金を借りろ、と広告をうって、しかも利息は法定利息を超える高利。
それを承知で任意で支払ったものならば認めてしまう、なんて高利貸しのための法律をほったらかしにしたまま、取り立てだけは上品にしろ、なんてこと言ったっておとなしくしてる連中じゃない。

現在あちこちで起こっている消費者金融がらみの事件の全ては、政府や関係省庁が、高利貸しの存在とその強引な取り立てを黙認しているから起こっているだけだろう。
簡単に金を借りられてしかも普通に返済しているだけで借りられる金の限度額がどんどんあがっていき、やがて返済することが出来ない額になっていく。
返済出来なくなれば当然取り立てだって厳しくなる。
厳しくなったあげくに違法行為や犯罪行為にまで至るのだ。
こんなことがずっと繰り返されてきたのだから、監督する立場の役所にははじめから消費者金融の違法行為を取り締まる意思なんてない、と思ったほうが分かりやすい。

アイフルは特に最近、かなり成績をあげることに成功していたようで、今度の事件がそれと無関係なはずは無い。
消費者金融にとって成績が上がる、ということはそれだけ貸し出し金額が増えることなのであって、つまり借金をする人の数が増え、しかも一人あたりの借金額も増える、ということだ。

アイフルは特にひどかったのかもしれないが、他の会社だって似たようなものではないのか。
マスコミ各社が大広告主でもある消費者金融各社の違法行為をどれだけ糾弾し、追及出来るのか、まあアイフルの事件を取り上げて特にコメントも無しで次のニュースに進む、と書いたはら たいらさんに五千点だ(しまった、若い人には通じないか(>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

管と小沢とハンサム日記▽・w・▽

民主党代表選挙に小沢一郎氏と管直人氏が立候補……か。

小沢さんが代表になれば、民主党の小・自民党化がますます進み、管さんが代表になれば、いつになるか分からないが次の総選挙では厳しそうな気がする。

小沢さんの今までの一番大きな仕事、といえば自民党を割って二つ目の大きな保守政党を作り、革新系の政党の息の根を止めたことだろう。
新進党だろうが民主党だろうが、名前は変わっても小さな自民党が出来ただけだ。
その意味では、保守系政治家の誰もが望んだであろうことを実現させたのだから、さすが“剛腕”か。
しかしその“剛腕”も、大きな権力を背景に出来る自民党にいればこそ。
威圧と懐柔、という手法は民主党のような、〈小さな自民党〉では思うような威力を発揮できないんじゃないだろうか。

管さんにしても、本来は参謀役、ナンバー2が似合うタイプの政治家のはず。
頼りにはなるが人が好くて、あまり細かいことにまで気のまわらない親玉の懐刀として周囲ににらみをきかせる。この人の役回りはそんなところではないのか。
たとえこの人が代表になったとして、今回の永田議員のようなミスがあったときにはかばうよりも、この人自身が一番怒り狂うような気がする。そういう時に一体誰がフォロー役にまわるのか。
ある意味、小沢さんよりも管さんの方がこの人を支えているのが誰なのか、が分かりづらい。

民主党が、与党の言うことには何にでも反対する野党としての役割に甘んじるつもりならまだしも、政権交代を担うと言うのなら、あの程度の規模ですら四分五裂している有様で、むしろどちらが代表になってもさらに混乱を来たしそうな状態なら、選挙をする時間と金が無駄になるだけ。
いっそ、それぞれが支持者を連れて新党でも作ったらどうか、と思う。

二大政党制なんて国民は望んでいない。少なくともおれは望んだことなんて1度もない。
日本を安定させたいのなら、

自民党 対 野党連合 

が最適。
誰が政権を担当したとしても、この国を実際に動かすのは経済界とお役人なのだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)