心と体

扁桃炎便り ▽・w・▽

扁桃炎にかかったという個人的身辺雑記の方にいろいろとコメントを頂きましてありがとうございました。
かつて同じ症状で苦しんだ方が多い、ということに驚きました。
ああ、僕って独りじゃなかったんだ!

ということで袖すり合うも他生の縁、こんなに苦しめられたのだから記事のネタにして元をとってやりましょう。
さっそく、ネットで検索。
まずは「そらいろネット 家庭の医学」へ http://sorairo-net.com/kokoro/html/kyuuseihentouen.html

今回僕がかかったのは「急性扁桃炎」、原因は、細菌かウィルスです。
「喉の免疫の主要器官である口蓋扁桃(喉の所にある扁桃腺のこと)が病原体と闘い、赤く腫れ上がって炎症を起こした状態が、急性扁桃炎」。
僕の場合は血液検査の結果待ちですので、今はどちらか不明、ですから細菌に対抗する抗生物質と発熱や喉の痛みに対して消炎鎮痛薬が主な治療法となっています。
原因となる細菌やウィルスは「化膿性連鎖球菌(かのうせいれんさきゅうきん)、インフルエンザ菌、黄色ブドウ球菌、肺炎球菌、A群β溶連菌、アデノウイルス、EBウイルス」など。
などって多すぎじゃね?

扁桃炎の恐ろしさは単独の場合、まず何よりも「苦痛」です。
喉の違和感を感じた後、ほんの数時間で違和感が痛みに変わり、さらにつばを飲み込むだけで激痛となり呼吸まで苦しくなってくる。
痛みの中には我慢していれば、つまり時間経過とともに自然と治まる種類のものがありますが、扁桃炎による喉の痛みや腫れにそんなチープさはありません。
高利貸しに借りた借金のようにどんどんふくれあがっていきます。
利息を増やさないようにするためには、病院に行って、専門家による診療を受けることが必要なのです。

扁桃炎の恐ろしさは苦痛だけに留まりません。
細菌に感染した扁桃腺が病巣となり、体内の離れた場所で更なる炎症を引き起こす可能性があるようです。
これを病巣感染と言い、腎炎や皮膚炎などを引き起こしたり、溶血性連鎖球菌による感染の場合には心臓弁膜症の原因となるリウマチ熱を引き起こすこともあります。

ですから、もしあなたが扁桃腺に痛みを感じ、はれていることに気づいたら。
病院に行って専門家の診療を受ける。それだけでいいのです。
自然に治癒することはほとんど期待できません。我慢でどうにかなるものでもないのです。
ネット上の言い方で言うなら「普通病院いくだろjk」。
関西方面の人にも通じやすいように言い直すと「じぶん扁桃炎なめてたらあかんで」となります。

理由も簡単、扁桃炎の症状を抑える抗生物質や痛みを緩和する消炎鎮痛薬の投与を指示出来るのが医師だけだからです。
彼らはプロフェッショナルですから、扁桃炎を軽く診ることはありません。
Perfumeののっちのように、とまではいかないでしょうが、眉を顰め、同情の表情を浮かべてくれるでしょう。
たとえ症状がごくごく初期設定であり、腫れや痛みが慎まやかなものであっても「ヘイ、この程度の軽い症状で医者にかかるなんてクールじゃないぜ?」なんてことは言いません。
至ってシンプルに、抗生物質と消炎鎮痛薬の投与を指示してくれるでしょう。
シンプルな治療法なだけに、担当医による当たり外れもありません。山といえば川、扁桃炎と言ったら抗生物質なのです☆1。

もちろん感染症による炎症というのは、体の免疫機能が引き起こす症状ですから、原因が治まらないことには症状が劇的に改善されることもありません。
僕の場合で言うなら、喉の腫れは増し、それどころか口内の粘膜が垂れ下がってくることによって口蓋垂、つまりのどチンコが舌に触れるようになっ ているし、昨日その無双っぷりを紹介させてもらった「ロキソニン」によってかろうじて抑えられていますが、痛みや発熱も不気味に控えて出番を待っている様 子です。

のどチンコが垂れ下がってくることって想像がつかないかもしれませんが、こう、ビローンと伸びて喉の中をブランブランとして、時に呼吸を阻害します。
具体的に言うと仰向けに寝ていると喉をふさいで息苦しくなり、体を横に向けた状態でなければ眠れません。

この状態でも、まだましなのです。
病院に行かなかった並行宇宙の僕(いつも悪い可能性の検討役をおしつけて申し訳ないね)が、今頃どんなふうに苦しみもがいているのかなんて想像したくもありません。
こんなふうにお茶目な記事を更新することなんて出来なかったでしょう。

前回の記事にコメントをいただいた皆さんもきっと同じ意見だと思います。
何が悲しくて乙女が唾コップなんて用意するなんてことになってしまうのでしょう。

僕の記事だけではまだ扁桃炎の恐ろしさをリアルに感じられないという方もおられるでしょう。
そんな皆さんにも、もしもの時のためにネット上で簡単に検索できる扁桃炎に関する記述に詳しいサイトをリンクしておきます。

そらいろネット家庭の医学の他にも

http://www.jibika.or.jp/handbook/nodo2.html  社団法人日本耳鼻咽喉科学会喉の病気Q&A


http://扁桃腺炎.sblo.jp/  こちらは一番オススメかもしれません

では、そろそろロキソニンを飲んで寝る時間ですので、ここらへんで。
あれ、ドラマ「秘密」が始まっちゃった、観なきゃ ▽・w・▽

☆1
エンターブレインウィルスによる感染の場合は伝染性単核症と言われる症状を引き起こすこともあり、その場合は治療法も違うようです。

| | コメント (0)