パソコン・インターネット

右から左へ受け流すハンサム日記▽・w・▽

http://www.youtube.com/watch?v=mAQO_C9RkGU

ムーディー勝山

『ムーディーソング・右から左へ受け流すの歌』

聴いて見て、そして笑ってください▽・w・▽ノ

今一番のお薦めソング♪

(YOUTUBEの動画へのリンク。安全ですよ)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

動画を楽しむハンサム日記▽・w・▽

おれの中の流行りものって先端から周回遅れでやって来る。

今更の話題なんだけど、YOU TUBEっていい。

正月休みに暇を持て余してネット上で無料で観られる動画を観まくっていて、そこで一番便利だったのが、ご存知 YOU TUBE

ここで『デス・ノート』も観たし、『呪怨2』も『バトルロワイヤル2』も観て、さらに『涼宮ハルヒの憂鬱』なんて、普段なら絶対観ないような美少女アニメまで観た。

この時に利用したのが日刊 YOU TUBE
リンクフリーなんだそうで、紹介させてもらいます。

リンク先はこちら → http://yakuyakou.blog69.fc2.com/

YOU TUBEの中にはあまりにも膨大な動画がアップされていて、しかもサイト内は英語ばかり。

この日刊 YOU TUBEのような日本人向けの動画のリンク先を紹介してくれるようなサイトも多く、大いに利用させてもらっている。

色々と問題はあるみたいだけど、利用者にとっては便利この上ないYOU TUBE。
周回遅れでもきっちり楽しませてもらっている。

今夜も検索、検索。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

またも落札ハンサム日記▽・w・▽

テレビデオに続き、パソコンもヤフーオークションで落札。

週末にBで働いた後、パソコンに詳しいMパパにアドバイスを求めたところ、音楽CDが作れてDVDが観られてネットで使うくらいなら、比較的新しめで高性能なものは狙わなくてもいいだろう、というご意見だった。

それならば、もう贅沢は言わずに予算(3万円以内なら文句無し)の範囲内で、手元に金があるうちに買うことにして、家に帰って入札時間の締め切りが近いものから選んで入札、入札。

結局、NECのPENⅢ866MHZ、256MBで60GB、DVDコンボ付きの液晶サイズ15インチのものを2万5千10円で落札した。

OSが動作確認用でインストールしてあるだけなので、いずれCDを買ってインストールしなおさなければいけなくなるかもしれないけど、まあxpHEくらいなら1万円前後で手に入るかもしれないから合わせても大した出費じゃない…なんてことを言えるようになったのも掛け持ちバイトのおかげ。

これでテレビデオの値段と両方の送料、合計4万円弱で買い換えを完了出来た。

これを書く直前に送金も済ませたので、あとはストアから届くのを待つだけ。

テレビデオは送金の翌日に届いたけど、パソコンはどうだろう?
次回の日記、おニューのパソコンから更新出来ますように☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おれはやったぜハンサム日記▽・w・▽q

やった…

おれはやった…

やったぜ、カトちゃん…ウンコ、ちんちん(これを理解出来るのは、志村けん加入前のドリフターズを知っている世代だけ)

ヤフーオークションで21型フラット画面テレビデオを落札。
2001年製の中古品だけど、状態は良好らしい。

値段は7250円。
これにプラス消費税5%と送料がかかって1万弱。

5年落ちの21インチのフラットテレビと、5年落ちのビデオデッキ。
それぞれを単品で買ってももっと高くなる、と思うし、安くて、競り合う相手もいなくて逆に心配なほどだった。

もちろんメーカーは大手ではない中堅メーカーだけど、取り合えず現在ビデオがいかれて録画も再生もろくに出来なくて、しかも元々14インチのリモコンもついてないテレビを20年以上も使っていることを考えれば上出来。

とはいってもまだこれから、料金の銀行振込、発送という作業を経て無事に届くかどうか、という心配はある。

まあ、リサイクルストアからの出品物なので大丈夫だろうとは思うけど、実物も見てみないと超初心者としては安心出来ない。

初めはビデオデッキの中古品を5~6000円で買えればいい、と思って手探りで乗り出したオークションの世界。

落札時間終了近くのドキドキ感は、なかなか他の場面では味わえないものだった。
実物が届くのが楽しみだ。

外れの不良品だった、なんて日記を書かなくてもすみますように☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

競り落としたいハンサム日記▽・w・▽

ネットを始めて以前から興味があったのがオークションや通販。

今までにもパソコンとかソムリエナイフとか、安い物がないか、と捜してみたことがあって、しかしながら期待ほど安い物はなくて結局未体験のままだった。

そして最近ビデオデッキが壊れた。
もう10年近く使っていて、巻き戻しをする時に一番頭の部分まで戻らなくなって、それでも我慢して使ってきたんだけど、今度はヘッドに傷でもついたのか、録画再生の画面が砂嵐状態でまったく見られなくなった。

今では音声くらいしか聞けなくなって、たま~に砂嵐の向こうに画像が見える程度。
新しく購入しようと思って大型家電量販店あたりのチラシを調べても、いまだにビデオデッキって一万近くする。

買えないわけじゃないんだけど、テレビも20年以上使っているものだし、そろそろ買い換える時期(はとうに過ぎてる…)

そこで早速ヤフーのショッピングで調べてみる。
新品のビデオデッキの場合、一番安いもので7000円から。
ちょっと欲張ってDVDプレイヤー付きにすると、2万円を超える。

まあ適正価格なんだろうけど、別に新品にはこだわらない。
使えればオッケーなのだ。

そこで今度はオークションを当たってみることにした。

ところが。

それほど、安いわけじゃないんだな、オークションでも。

オークションのイメージとして勝手に予想していたのは、身の回りにあってもう使わなくなった中古品の出品が主なんだろう、ということ。

実際にそういうものもあることはあるんだけど、ほとんどの品物はリサイクルショップの出品物。

希望落札価格なんてものが設定されていて、その場合はほとんどオークションの意味はなく、その価格より安い入札価格では落札出来ない。
それが結構高いのだ。

しかも、自動延長、という仕組みもあって、時間内に安い値段のままオークションが終了しても、出品者の希望価格に達していなければもう1日延長されてしまう。

それなら最初から希望価格を教えてくれよ、と言いたくなる。

ビデオが安くないなら、と思ってテレビデオを調べてみると、ここにあるのは新品が多い。

しかもいきなり希望落札価格に入札額が達していて、オークションなんて何の意味もない。
値段は2万円台が主流。
だから、高いって!

その中で何とか安い値段で、それほど状態の古びていないもの、4~5年前くらいの物にしぼって捜して、最高入札額になっているものが現在3品ほど。

まだ残り時間が10時間近くあって、自動延長もありなので多分値段はまだまだ上がるはず。

21型のテレビデオが本命なので、なんとか競り落としたいところなんだけど…

今夜の11時あたりがオークション終了予定時間。
誰もおれのテレビデオには近付くな、ガルルルルル~▽・w・メ▽

| | コメント (1) | トラックバック (0)

8MBとハンサム日記▽・w・▽

このたびADSLの接続会社を地元の企業からYahoo!BBに鞍替えした。

Yahoo!のサイトで散々告知をしているから、知っている人も多いだろうが、ずっと、月々2180円の接続料。
以前に較べて値段が毎月1500円ほど安くなって、1年にして二万弱の節約。

しかも若干ながら接続スピードも速くなってやや快適。
なんて喜んでいたら、so-netの方でもう少し値段が安く、しかも接続スピードがなお速くなるキャンペーンをやっていた。

以前が5MBで現在のヤフーが8MB、それがso-netになると下り12MBまで速くなるのだ。
5が8になっただけで 「おお~速くなったじゃん!」 と、喜んでいるくらいだから12にもなったらかなり快適になったんじゃないか、と思うとやや口惜しい。

しかし、ボロパソコンのCPUの性能が推奨環境より劣っていることを考えると、とにかくまずパソコンの買い換えを最優先にしないとな~。

まあ、とにかく、サイト内のページの切り替わりや、サイトからサイトへの接続スピードが速くなって、微妙にご機嫌な夏の終わり、秋の始まりの季節なのであった▽・w・▽ノ

| | コメント (0) | トラックバック (100)

パソコン修復ハンサム日記▽・w・▽まず、これを読んで編

このページの左上側を見てもらえば分かるように、この黒猫堂ハンサム日記はshinobi.jpさんのアクセスカウンター、およびアクセス解析を利用させてもらっている。

これがなかなか便利で、だから利用している人も多いのだろうけど、1日にどれくらいの人、もしくはサイトがアクセスしてくれたかの数や、検索エンジンが使われている場合はどの検索エンジンからアクセスされたか、或いはどの記事のどの言葉で検索された結果アクセスされたか、などがある程度分かるようになっている。
それだけではなく、個人名などはもちろん分からないが、大体どの土地からのアクセスか、というのが分かる場合もある。

さて、そのアクセス解析によって最近かなり検索されていることが判明したキーワードがいくつかあって、それがこの『パソコン修復』に関する言葉の数々だ。

「Windowsを起動できない」

「レジストリ修復」

「再インストール」

「ブルースクリーン」

といった言葉を検索して、この日記にたどり着いている人が結構いらっしゃるようなのだ。

謝っておきます。
役に立たなくて、申し訳ない。

パソコンを利用していて、Windowsが起動出来ない、というのは人間で言えば生きてはいるのだが意識が無い、みたいなもので相当に深刻な状態のはず。

まあ、起動が出来なければネットで検索することも出来ないはずだから、たまにそういう状態に陥るか、或いはパソコンを複数持っている、といううらやましい環境のどちらかなんでしょう。

『パソコン修復日記』は、パソコンに関してはまったくのド素人である自分にWindowsが起動出来ない、という不条理が襲いかかってきた経験を元に書いた日記なんですが、かなり経緯を省略している上に、中には正確ではない記述もあります。

個人的にはキツい経験だっただけに、ブログに書くいいネタが出来た、と思って大げさに書いた面もあって、しかもWindowsが起動できなくなる原因というのは様々なはずなので (自分の場合はWindowsのメンテナンス機能であるはずのディスク・クリーンアップを利用したら途中でフリーズして、再起動しようとした時には、Windowsの保護エラーと画面に出てきてしまった)、 どの場合にもあてはまる、という内容でもない、と思いますし。

Windowsが起動出来なくなったら、CD‐Rを使って再インストールするのが一番効果的、というか、それしかないんですね。
もし、買ったパソコンにプレインストールされていたからそんなもの持ってない、という方の場合でも周りにパソコンに関して詳しい人がいてくれれば何とかなるかもしれませんが、基本的にxp Home Editionを再インストールしようとすれば1万5千円くらいのお金がかかりますよね。

問題は、その再インストール自体がうまくいかない、という場合でしょうが、これに関しては自分がたまたま知った、MS-DOSモードからのレジストリ修復、もしくは復元がどれほど一般的なメンテナンスの方法なのか、それもちょっと判断出来ないわけです。

何度やっても再インストール出来なかったのに、諦めてふて寝して目が覚めたら、必ず足踏みを続けていた段階をクリアしていた、という奇跡に近い状態だったので、果たしてレジストリを復元したことにどれほど効果があったのか、未だに分からないまま。

Windowsが起動出来ないと、パソコン利用に関して最も情報の充実しているインターネットに繋げない、というパラドックスに陥ってしまって、深夜に一人途方に暮れるなんて日々がしばらく続きました。
パソコンを始めた時に買っておいた本や、職場に必ず何人かいるだろう、パソコンに詳しくてしかもその点について親切な人、のおかげで少しずつ事態を解決の方向へ向けることが出来たのはまったくの偶然。

本来なら、再インストールを何度やっても失敗してしまった時点で、パソコンの買い換えしかなかったはずです。
しかし、安いパソコンでも現在の環境に適した機能を求めるなら10万円前後はかかって、それは苦しい、というお仲間もいることでしょうから。
そういう人が、この『パソコン修復日記』を読んで、ヒントでも得られたら、うれしいかな、と思います。

カテゴリーの、パソコン・インターネットをクリックしてもらえれば、過去の『修復日記』が見られます。

Windowsが起動出来なくなったことから得た教訓。

フリーズしたり、ネットに繋いだ時に多少重くなってイラついたとしても、あまり気にせず、基本的な機能が使えればよし、とする。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

パソコン修復ハンサム日記▽・w・▽不穏篇

セキュリティソフトの無償版をダウンロードしてから、何やらパソコンの具合がまた悪くなった。
Windowsの起動でエラーが出たり、スタートメニューから終了しようとしても出来ず、タスクマネージャーがビジー状態云々というメッセージを表示して強制終了、ということになってしまう。

DLしたソフトはKという会社の6ヵ月無償版。
ファイアーウォール、ウィルスガード、アンチスパイウェアにセキュリティアナライシスまでついたお得版だ。

しかし、これ、OSの推奨環境がWindowsで言うと98SEより新しいバージョンで、我がボロパソコン、以前は98SEだったのだが、Windowsが起動出来なくなる、というトラブルのため98をインストールし直したもの。

以前のトラブルを簡単にまとめると

☆Windowsが起動出来なくなり

☆何とかセーフモードで起動しても、スタートメニューさえ表示されない状態でメンテナンスの機能すら使えない状態に陥ったため

☆CD-Rを使ったWindows98の再インストールを試みるも

☆インストールの途中でエラーになってしまった

☆しかし、セーフモードでの起動が可能になり、今度はスタートメニューが表示されるようになったので

☆DLしていたデフラグ用フリーソフトのトラブル解決情報を読むことができて

☆MS-DOSモードからレジストリの修復を行ない

☆その後、さらに何度か98の再インストールにチャレンジするうちに

☆エラーも出ずに無事再インストールに成功することが出来、

☆デフラグによって不安定だったネットへの接続や以前インストールしていたソフトも使えるようにまで回復した。

結構長い道のりだったが、この経緯は『パソコン修復日記▽・w・▽』として続けて書いたものがある。

さて、98SE以上のOSが推奨環境になっているセキュリティソフト、DL、インストールを何の問題もなく終了したので、どうやら使えそうだ、とひと安心。

ところが、その後くらいから起動、終了時やYou Tubeで動画を見ていたり、サイトの記事を読んでいるといきなりフリーズしてしまい、またもやタスクマネージャーの出番がやってくるようになってしまった。
はっきりといつ頃から始まったのかを覚えているわけではないので、必ずセキュリティソフトのせいかどうかは判定しづらい面もある。
何しろパソコン自体がかなり古い物だから。

今のところはだましだまし使っている状態。
あまり不具合が続くようならいよいよ買い換え、というか金さえあればとっくにやってるんだけどな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パソコン修復ハンサム日記▽・w・▽修復篇

セーフモード画面まで起ちあがった。
しかも再インストール前のセーフモードと違ってデスクトップ上にショートカットアイコンが並び、ツールバーも出てきてスタートメニューから様々なプログラムも選べる。

Windowsの再インストールをする、ということはどういうことなのか、まったく分かっていなかった。
たとえばダウンロードしたファイルなんかがどうなるのか、仕事上のメモのファイルとか、画像とか、ダウンロードソフトとかみんな消えてしまうんじゃないか。

そう思っていたわけだから、起ち上がったセーフモード画面上のアイコンが以前のままなのが不思議だった。まったく元のままだったのだ。

ダウンロードしていたフリーソフトに「すっきりデフラグ」というソフトがある。
Windowsのシステムツール上のデフラグでは何かのメモリー不足とやらで最適化出来なかったので検索してインストールしたソフトで、このソフトを起動させツールボタンを押してみるとレジストリの~、という項目がいくつかあった。

レジストリ、というのはWindowsや、インストールされているソフトの設定が記録されたファイルのこと。
そのレジストリの、「バックアップ」と「リストア」という項目をクリック。
「バックアップ」の方は役に立たなかったが、「リストア」の方には興味深いことが書いてある。
「以前にとったレジストリのバックアップを復元するツールを呼び出すか、レジストリ復元の手順を示します」

バックアップの復元、という言葉に強く惹かれた。
ソフトの設定が記録されたファイルが復元されれば、もしかしてWindowsの起動が出来なくなる以前の状態にまで戻せるかもしれない。

「リストア」をするには、再起動してDOS Prompt Onlyという自分でプログラムやファイルを直接呼び出すモードにしなければいけない。
そしてC:¥の後にscanreg/restoreと打ち込むと、最近数ヶ月の1ヶ月ごとのレジストリファイルが表示される。
そのうちの起動できなくんなるより以前の日付を選んで復元すると。

なんと再インストールされた98が消え、起動できなくなってしまった状態に戻ってしまった。

そしてまたまた98をCD‐ROMを使ってコピーするが、再起動の段階でつまずく、というところまで逆戻り。、何とかF8キーを押しつづけてセーフモードまでこぎつけ、何度もコピーを繰り返したりするものの元の状態には戻らない。
しかし、scanregには何かありそうな気がする。

何度か「scanreg/restore」と打ちこむと、scanregにはrestoreだけじゃなくてバリエーションがあることが分かった。
そのうちのfixを使うと破損したレジストリが復元されるらしいことも分かった。
実は破損されたレジストリの復元、と言われても何のことやらさっぱり分かっていなかったのだが、とにかく復元、という言葉に関わりがあるものには全て挑戦してやろう、どうせ買い換えるつもりなんだから、と投げやり気分になってscanreg/fixと打ちこむ。

結果としてはこれが良かった、としか思えない。
fixの後にまた98の再インストールを試す。
コピーはほぼ自動的に行なわれるので眠ることにした。
Windowsの起動が出来なくなってから、ずっと明け方眠るようになっていてその時ももう外は明るくなっていた。

寝て起きると異変が起こっていた。
コピーのし直し、なのであらためてCDキーを打ちこまなければならない段階で止まってしまっていた。これはいつもどおり。
キーを打ちこんで、コピーが何十度目かの再試行を行ない始めた。

Windowsをコピーする場合、時間は大体30分~60分と書かれている。
そしてコピー画面のサイドバーに目安としての残り時間が表示される。
この時間は現実の時間の進行どおりではなく、あくまでも目安として残り時間なのだが、コピーを失敗する時には常に残り14分の段階でつまずいていた。
それが、なんと13分にまで進むようになったのだ。コピー画面の中で時間はどんどん進んで行く…

そして、コピー完了。
再起動の時、もし普通に起動できなかったら怖かったのでセーフモードで起動させソフトを使える状態にする。
そして「すっきりデフラグ」で最適化を実行。これがまた当たったらしい。

デフラグが終って再起動させるとセーフモードの時にはほぼ空っぽも同然だったマイドキュメントに起動できなくなる前のファイルがみんなそのまま残っていて、CDも使えるようになった。
インターネットも接続用のCD-ROMを使って復活。
画面も32ビットに戻して鮮明な画像が戻る。
98なのでインターネットエクスプローラーも古いバージョンをインストールし直したり(この段階で起動できなくなる前は98SEだったことが判明)、と少しずつ少しずつメンテナンスを行い、ようやく、ようやくこうしてブログも更新できるまでになった。
ネットに繋げるようにはなっても文字化けしてしまったり、画像や動画を読みこまなかったり、と問題はあったが自分で調べてなんとか解決。

ボロパソコンながら、何とか以前の状態に戻すことが出来た。
パソコンを始めて2年足らずで、起動出来なかったのは約2週間。
それでもその2週間の時間で、パソコンやネットを使う習慣がいかに日常生活上で大きな要素を占めていたのか、を実感した。

もうこれからはよけいなメンテナンスをしようとはしないだろう。
動作が重いのも接続スピードがのろいのも、ボロパソコンだからでそれはこのFMV6400CL3cを使う以上、仕方のないことなのだ。
それがこいつの個性。
いつか新しいパソコンに買い換えるまで、こいつの個性に気長に付き合っていこう、と思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パソコン修復ハンサム日記▽・w・▽曙光篇

暗黒の4日間、その間仕事の休みが2日あったとはいえほとんど毎日明け方頃まで何とか再インストール出来ないか、と自分なりにあがいてみた。

起動こそ出来ないものの、Windows自体が消え失せてしまったわけではなく、OSとしてはそのままインストールされていて、CD‐ROMでコピーしようとすると既にOSは存在しています、とメッセージが出てくる。

起動も出来ないくせに、お前よけいなことすんなよなー、と言わんばかりのメッセージが嫌というほど繰り返され、またもやキレそうになるも必死に我慢。
そんなこと言わないで、ちょっとでいいからコピーしてみてよ、となだめすかして再インストールを試みる。

が、失敗。

この頃になるといちいち再起動せずにエラーメッセージが出るとその時点で直接電源を落としていた。
冷静になって考えると恐ろしいことをしていたものだが、真夜中に一人、理由も分からないまま起動出来なくなり、あげくの果てにはCD‐ROMを使った再インストールも出来なくなったパソコンの前でブルースクリーンばかり強制的に見させられていると、もうどうにでもなれ、と思ってしまうものである。
実際この時点では、このパソコンは諦めて自作キットのパソコンでも買って、などと考えていてもう壊れるなら壊れてしまえ、とかなり自虐入った心境だった。

何が恐ろしいって、Windowsのロゴが出てくるタイミングでF8キーを長押ししても、セーフモードにならないってことだった。
何度繰り返してもピーーーーと、甲高い音が直にハードディスクのあるだろうあたりから聞こえてきた。
イルカかシェパードでも寄ってきそうな音だ。
諦めて指を離してしばらくすると、最早見慣れたブルースクリーンがやって来る…

そんなことを数え切れないほど繰り返していたある時。

ん?

電源を入れてしばらくすると、別にF8キーを押してもいないのに、いつのまにかセーフモードを選択できる画面になっていた。
しかも、ネットを利用したセーフモード、なんて今まで見たこともない選択肢まで入っている!!

この画面が消えてしまう前に!

幻でも見ているような気分で慌ててSafe Modeを選択。キーボードのタイプを選択せよ、との指示に従って「漢字」の含まれるキーを押す。
すると!

壁紙も出てこない状態ではあるものの、何とかスタートメニューやデスクトップまでが表示されている画面にたどり着いたのである。

長かった…
ここまでくればもう大丈夫。うん。きっと大丈夫。

あとはアクセサリーから何らかのツール機能を選んでそこから修復出来るだろう。

それが、どれほど甘い見通しであったかをすぐに思い知らされることになることも知らずに、拳を握り締めて自分だけに向けて小さくガッツポーズを取った時、またもや夜はすっかりと明けていたのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)