ニュース

冷たい風とハンサム日記▽・w・▽

わが町にある、JRY原駅前で、H.Gさんを見た。

H.Gといっても芸人でフォー!と叫ぶ人ではなく、政治家の方。

数ヶ月前に写真雑誌に女性キャスターとの密会写真が掲載された人だ。

まだ三十代の若さと、颯爽としたルックス(今時こんな言い方はしないのだろうか)でおば様たちの支持も厚い人だったので、不倫のゴシップは致命的なのでは、と言われていた。

Bに勤めていた時、支持基盤である団体などの宴会や披露宴に年に何度か出席していたのを見ているので、その人気ぶりは知っていた。

おば様たちから記念写真をせがまれ、愛想良くポーズをとっていた姿を思い出す。

今日、地元は毘沙門天祭の縁日。
駅前から約2kmほどの間にたくさんの屋台が並ぶだるま市だ。

観光に訪れる人も多いY原駅前で、HGさんはたった一人で、ハンドスピーカーを使って演説をしていた。

はじめは分からなかった。

駅舎に入ろう、と階段を上りかけたところでハンドスピーカー越しに誰かが演説をしているのに気づき、こんな祭りの日に何の演説を?と目を向けると、自分のポスターを2枚貼っただけの金網フェンスの前にHGさんの姿が。

いつから始めていたのかは分からない。
背後にポスターが貼ってあってもほとんどの人がHGさんとは気づいていなかった。

これが沼津や三島函南あたりだったらまた注目度も違ったのかもしれないけど、富士市といったら自民党のSさんの地元であり、HGさんは元々縁の薄い土地柄。

時々誰かが気づいて声をかけに行くくらいで、ほぼ全員が彼の前を素通りしていく。

駅から出て行く人は縁日に気を取られ、駅に入っていく人は早く寒さから避難したいために足を止める余裕もない。

一時活動を休止していて今年あたりから色々な駅前で演説活動を始めた、というのはネットのニュースで知っていたが、誰も自分に目も向けない土地で、空しく演説を続ける心境はどうだったのだろう。
今日一日を通して吹いていた風をいっそう冷たく感じたのじゃないか、とうまく話をまとめてみました。

| | コメント (0) | トラックバック (9)

ニュースを読んだハンサム日記▽・w・▽

gooニュースで産経新聞社配信のニュースを読んだ。

http://news.goo.ne.jp/article/sankei/nation/m20070119017.html

何でも三十七歳の母親が、娘の友人に悪口を言われたことに腹を立て、16~17歳の他の友人グループとともにプロレス技などで怪我をさせたとして警察に逮捕された、ということである。

若さ、というのは残酷。
しかも、今時の十代の女の子のことだ。
相手が傷つくことにもかまわないで、さぞかしひどい言葉を投げつけたんだろう。
その、内容とは…

「どちらかと言えば、軽くデブ」

ゆ、ゆるい。

有る程度以上の年齢になって、宿命的に身体が丸みをおびてきて、うしなわれていく若さを目撃しなければならない人たち、特に女性にとって、体型をネタにした冗談や悪口というのがタブーに属することなんだろう、とは想像がつく。

どんな文脈の中で発せられた言葉かは記事になっていないし、怪我をさせられた娘の友人も明確に相手を傷つける意図を持って投げつけた、というわけではないのだろうが、おそらく母親の中でその言葉を聞いたとたんに、試合開始のゴングでも鳴ってしまったんだろう。

自分だけでなく、わざわざ他の友人グループまで呼びつけて暴行を加える、というのは瞬間的に切れた、というのとは訳が違う。

いったいどんなプロレス技が使われたのか、打撃技か、投げ技か関節技か、あるいは何人かでタイミングを合わせた合体技かは知る由もない。

想像に過ぎないけど、おそらく、その技を相手にかけている間、母親や他の友人グループは、とても楽しい気分だっただろう。

プロレス技には、使用する人間を高揚させる魔力があるのだ。
プロレス好きで、ふざけて友達同士で技の掛け合いや試合の真似事をしたことのある人には理解も容易だろう。

ここまでは、何ていうか、じゃれあいの中でやりすぎた、といった雰囲気も感じられるこのニュース、産経新聞は最後にとんでもないどんでん返しで記事を終える。

母親に協力した16~17歳の友人グループ、スタンガンや特殊警棒を使った強盗傷害事件を近所で起こしていた(しかも何件も)のである。

犯罪の軽重は被害にあった人の心の傷による、とは思うものの、配信するニュースの内容で考えれば、強盗事件の方がメインに来るんじゃないか、という気も大いにする。

最後にとってつけたようだけど、被害にあった少女の怪我がひどくないことを祈りつつ…▽・w・▽ノ

| | コメント (0) | トラックバック (4)

流行病とハンサム日記▽・w・▽

今現在ニュースなどをにぎわせているノロウィルス。

詳しい情報を知りたい人はこちらをどうぞ

http://idsc.tokyo-eiken.go.jp/noro/noro2.html

(東京都感染症情報センターによる、「感染症胃腸炎とノロウィルス」という、ちゃんとした解説です)

先週おれのかかったウィルス性胃腸炎なんかの原因となるウィルスで、貝類や汚水、ウィルスに感染している人を介して感染していくらしい。

報道されている諸症状を見ると、嘔吐や下痢、発熱など、どれをとってもピッタリ符合している。

実は、同じ職場のN沢さんも熱こそ出なかったものの、同じ夜に何度も下痢を起こして次の日はポカリスウェットを頼りに仕事をしていた、というからこれは感染源が同じと考えたほうが理屈には合う。

合うんだけど、たとえば食事、という一番考えられる原因でいうと、夜の賄いはおれ、N沢さん、シェフのKさん、厨房バイトのTさんとまったく同じ物を食べてKさん、Tさんには何の症状も起きていなかった。

おれとN沢さんは昼食も同じ物を食べた。

昼食は、朝食バイキングの余ったお惣菜を一皿にまとめたものがおかずで、そう考えると、おれたちのほかにも、たとえば同じ材料で作られたものを食べただろう宿泊客も無事だった(食中毒と似た症状なので、もし誰かにおれと同じ症状が出ていたら大事になっている)ことを考えると、可能性が低くなる気がする。

おれの場合発症した夜には賄いを食べる前から寒気と胃の痛みがあった。

中抜けの時には私服の上着を着ていて、仕事が始まる夕方には、それを脱がなければならないので相当寒い。

Tシャツの上にYシャツ、その上にベストをつけただけで仕事をしているのだから、暖房が入っているとは言え、今の季節にはかなりの薄着。

だからてっきり風邪のひきはじめだとばかり考えていた。

実際、ウィルス性胃腸炎(報道なんかだと感染性胃腸炎と言われている)は通常医師の診断を仰いでも「お腹にくる風邪」として処置されることが多い、とのこと。

風邪なんかですむか! と突っ込みたくなるほどの激しい吐き気と、ほんっとにピーピーになる下痢症状、38~9度まで上がることもある発熱、のトリプルパンチなどで乳幼児やお年寄りがかかると重い症状になることも多いらしい。

空気感染するわけではないので、とりあえずは手洗いを頻繁にしていればそう感染することもないはず。

しかし食べ物を扱う仕事柄まめに手洗いをしている方だと思うし、衛生管理は何よりも大事にする職種なので、そこで感染したと考えるのは納得がいかない。

となると家で、か。

でもな~感染から発症までどのくらいのタイムラグがあるか分からないけど、家じゃほとんど物を食べないんだよな最近。

と、謎が謎を呼ぶウィルス性胃腸炎の感染ルートはとにかく、か~なり苦しいんだからみんなも本当に気をつけるように▽・w・▽ノ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

やけに気になるハンサム日記▽・w・▽

マスコミって本当にいいかげんだ。

何日か前に起きた女子大生誘拐事件。
この事件の報道を見て思ったんだけど、誘拐事件ってたとえ解決したとはいえ、あんなに思いっきり被害者やその家族の顔とか画面上に出してもいいものなのか?

いや、そりゃね、不謹慎かもしれないけど、あの誘拐された女性、たしかになんかグラビアアイドルの山本梓を思わせる猫系の可愛らしい顔をしているな、とか見て思ったけどさ。
それにお母さんがマスコミにもよく登場する会社経営者で、被害者本人もテレビ番組とかに出たことがあったみたいだけどさ。

路上で身柄を拉致されて密室に監禁された被害者だよ?
お母さんにしろ、商売上、あるいは目立ちたがりみたいな感じでテレビ番組に出たりもしたかもしれないけど、どう考えたって『犯罪被害者』なわけでしょう?
『犯罪加害者』の人権擁護が叫ばれても、『被害者』の人権はなおざりにされている、という意見がかつての『犯罪被害者(直接被害を受けた人だけでなく、その家族、関係者も含めて)』の人たちからも多く聞かれるようになって、マスコミもそれを取り上げて、特集を組んだりもしてたんじゃなかったか?
『犯罪被害者』の心の傷というのは、事件の被害以外にもマスコミの報道姿勢や、それによって生み出される風潮、いわゆる世間の目、によっても作られる、という主旨だったはず。

たしか誘拐されたりした人って、その体験が心の傷になって事件の後何年も何十年も苦しむことがあるって本で読んだり、テレビ番組で見た覚えがある。

恐らく彼女達の顔ってこれからこの事件を取り上げるたびにテレビ画面上に映されるんだろうし、年末あたりの「今年の事件簿」なんて感じの特別番組の時にも使われそうな気がする。
そのたびに、事件の時に感じた恐怖や過度のストレスに襲われてしまわないだろうか。
被害者の女性やその家族、関係者がそれを見ないようにするには、普段からテレビを見ないようにするしかないかもしれない。

誘拐犯達が彼女を狙ったのは出演したテレビ番組を見たから、という発表があるみたいで、たしかにそれは彼女達自身の意志で行なわれたことだろうし、事件と関係無いなんてことは言えない。
しかしそのこと、テレビ番組出演が犯罪を誘発してしまった、という事実と、彼女達が『犯罪被害者』としてプライバシーを保護されるべき対象、という事実は矛盾しないはずだ。
彼女達がそれを望むなら、今以上マスコミの取材を受けなくてもいいはずだし、報道を制限するよう求める権利もあるはずだ、と思う。

『犯罪被害者』であるあの親子が、テレビなんかに出るから誘拐されたんだ、自分達の責任だ、と言われて責められる風潮が生まれなければいいな、と他人事ながら気になった次第。

| | コメント (0) | トラックバック (0)