« Contract between VOICE and an affected girl ▽・w・▽ | トップページ | ロキソニン無双 ▽・w・▽ »

Contract between VOICE and an affected girl Ⅱ ▽・w・▽

「VOICE」のMVでは、冒頭からいきなり謎が提示されます。

まず大きくタイトルの文字、その向こうには三つのシルエット。
もちろんPerfumeの三人です。センターにかしゆか、画面向かって左にのっち、右にはあ~ちゃん。
焦点が合っておらず、ぼんやりとした画面はしかもゆらゆらと不安定で、そのまま真ん中のシルエットに近づいていきます。
三人はそれぞれ両手に何かを持っているかのような形で静止していますが、手の中には何も存在していません。
大アップになって映し出されたのはかしゆか。
歌い出しの部分を歌い終わって目を瞑ると、なぜか右目から涙が出て、頬を伝い流れ落ちていきます。

三人は両手に何を持っていたのか、そして、なぜそのままのポーズで固まったままなのか、歌い終わったかしゆかはなぜ両目を瞑り、なぜ涙を流したのか。
この時点では、この映像を観ている我々には分からないままです。

かしゆかの頬を伝った涙は、地に落ちて水たまりとなります。
水たまりに足を踏み入れながら歩くかしゆかが登場。
かしゆかの美脚から体全体へパーンアップ、そのままカメラは画面向かって左側に歩くかしゆかの姿を追います。

この映像の中で、視点、つまりカメラの映し出す映像は、必ず左側に動き、画面の転換だけでなく時間の進行に対してもシンクロナイズしているようです。

歩き始めたかしゆかの背後には白と黒、ツートンカラーの壁が現れます。
白い壁に黒丸が、規則正しく縦と横のラインを揃えて描かれ、そのうちの一つは模様というだけでなく、黒い玉となって壁に張り付いています。
かしゆか、ちょっとわざとらしくその黒玉を発見。
壁から取り外し、不思議そうに眺めていると、今度は白壁に親切な矢印付きでちょうど黒玉が入る大きさの穴を発見、その穴に黒玉を投下。
カメラは1mほど離れた左斜め下にある、上部が半円状になった細長い縦穴を捉え、同時にその穴の中に黒玉と入れ替わるように古文書のような巻物が出現します。
かしゆかが広げてみるとそれは、間違えようがないほどシンプルな道筋の書かれた地図。
親切に「MAP」とさえ書いてあります。
どうやら宝の地図のようです。

画面が切り替わるように眠りの美女、あ~ちゃん登場。
大量の目覚まし時計によってお目覚め、ベッドを抜けだして窓のある部屋に移動すると、窓の向こう、外側をストーカーのっちが通りがかります。

ここでカメラは左側に移動、しかし、ここであ~ちゃんの部屋の窓を支点として、内と外が入れ替わります。
つまり、あ~ちゃんの居る部屋の中が窓の向こうに、のっちの歩いている外側が窓のこちら側に。
窓のこちら側に、画面の左側からのっちが登場、右側に数歩歩くと、窓の向こう側にあ~ちゃんがいて、二人はお互いに気づき、あ~ちゃんも外に出るために一端右側に姿を消します。
登場人物が右側に移動する唯一の場面ですが、あらかじめ説明したように視点が入れ替わってますので、時間の進行する方向にズレはありません。
ここでのっちが180°のターン。
このターンは視点の入れ替わり、であり、再び三人の座標と時間の進行方向は左となります。

のっちが左に向かって歩き、森の中へ入ってかしゆかと出会うともう太陽は高く昇り、青空が広がっています。
夜空に満月のようにも見えますが、あ~ちゃんのお目覚めの時間が8時で、その時窓の外には白い雲が見えてますから、のっちが森に向かっている間に朝から昼になった、と考えたほうが自然に思えます。

のっちはかしゆかと出会い、宝の地図を見せられます。
そこへあ~ちゃんが追いつき合流。
三人がようやく揃って、冒険の始まりとなります。

「VOICE」のMVは、まず白い世界から始まり、場面が転換すると一転して暖かい色合いで配色されたカラフルな世界に変わります。
カラフルな世界が三人の暮らす日常であるとして、あの白い世界は何だったのか。

カラフルな世界はとても明るい世界です。
かしゆかが水たまりを踏みながら歩くことで出現したこの世界には、三人が出会うまでの場面になるまでの間、一度も「影」は描かれていません。
背後にあった白黒の壁にかしゆかの影は映らず、あ~ちゃんを目覚めさせるために出てきた目覚まし時計にも影はありません。
照明はあくまでも全体に対してフラットであり、書き割りの背景と相まって、画面全体の密度は薄く感じます。

この場合の「影」、とは「影」として意図的に描かれる「影」、のことであり、照明によって自然にできる影とは違います。

前回取り上げた「不自然なガール」の中では、陰影のコントラストを、配色と照明の当て方によって作り出していました。
Perfumeの三人と不自然ガールズ、彼女たちが持つボード、には強い光が当てられていますが、画面の中には照明の光の届かない、薄暗い空間も描かれています。
また、二番の歌詞の歌い出しソロパートではボードに囲まれたのっちは薄い影をまとい、背後のボードにも黒い影が映り込んでいます。
「不自然なガール」のMVでは、強烈で濃い色を使った配色によるコントラストと、時折印象的に現れる「影」が緊張感を、背景全体を覆う黒色によって圧迫感がもたらされています。
映像の中に存在する緊張感と圧迫感が、恋愛感情の濃密さを描き出していて、この濃密さ、がのMVの特徴となっているように感じられます。

対して「VOICE」のMVの中では、ある場面(時間)に進行するまで、意図的に「影」が排除されているように見えます。
例外は、ストーリーの進行とは直接に関係の無いダンスシーンと、三人が街並みの書き割りを外れて、白い世界へ歩き自分たちのイメージと重なる(三人の足だけのボードと、顔から上だけのボード)シーンのみ。

白い世界から、地図にも書かれていた街に戻った三人は、やがて宝を見つけ、ダンスシーンを挟んで大はしゃぎで喜びます。
背後には冒頭で出てきた白黒ツートンの壁の拡大版のような書き割りがあり、宝物を抱えた三人に向かって倒れてきますが、ちょうどうまい具合に穴が開いていて、三人は揃って宝物を手に入れてハッピーエンド。

ハッピーエンド?

ここで、MVの最初の場面を考えてみなければなりません。
あの白い世界は何だったのか。

なぜ白い世界では「影」があったのに、カラフルな明るい世界には「影」が無いのか。

最初の場面の三人が、エンディングのシーンと同じポーズをしていることは、早い時期からファンからも指摘されています。
これが、始まりと終わりがほぼ同じ時間と場所である、と解釈するならば。
考えられることは一つ、映像が終わった場面から始めの場面へループしている、ということです。

ループによるネバーエンディングストーリー、という解釈では、三人は閉じた世界に閉じ込められて同じストーリーを永遠に繰り返すことを運命づけられていることになります。
閉じられた作り物の世界だから、「影」が無い、ということも考えられますし、目を瞑ったかしゆかの右目から涙がこぼれてしまったのも、そうした理由からかもしれません。

濃密な映像によって揺れ動く乙女心を描いた「不自然なガール」と比べて、「VOICE」のMVは暖色を多く使った配色、チープにも見える書き割りのセットを使って、宝物を手に入れるお手軽な冒険を描くように見えて、実は怖い童話のような世界を描いているのかも、しれませんね。

この、フリーメーソンの陰謀説なくらい怪しい解釈を信じるか信じないかはあなた次第 ▽・w・▽

|

« Contract between VOICE and an affected girl ▽・w・▽ | トップページ | ロキソニン無双 ▽・w・▽ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Contract between VOICE and an affected girl ▽・w・▽ | トップページ | ロキソニン無双 ▽・w・▽ »