« 奇跡と書いてミラクル▽・w・▽~♪ | トップページ | BOYSTYLEの夢の欠けら。その1▽・w・▽ »

夢の欠けら、と夢の続き▽・w・▽

Perfumeも所属していた芸能事務所アミューズの女性新人タレント育成プロジェクト『BEE HIVE』。





アップフロントエージェンシーのハロプロ、を参考に考案されたこの育成プロジェクトには、様々な、そして優れた才能が集っていました。





簡単に所属メンバー、グループを記します(全部はフォロー出来てない、と思います)





BOYSTYLE





Buzy





Perfume





喜友名 星





青木紗知歩





小野麻亜奈





名取愛加





小澤ちひろ=Candy(BEEカメであ~ちゃんと一緒に出てたちーちゃん、というちっこい子です)








BOYSTYLEは、1998年に行われた全国アミューズオーディションでグランプリを獲得した





上原香代子


川田由紀奈


田野あさ美





の3人(アクターズスクール大阪校出身)に、村川絵梨を加えて結成されます。


2001年に一度「ai☆ai」という名前で活動を始め、2002年7月にようやく名前を「BOYSTYLE」にしてテイチクレコードからデビュー。





その後、2007年7月に正式に解散(この件については後述します)するまでの間に8枚のシングル、一枚ずつのアルバム、DVDを発表しています。





「Buzy」はもう少し複雑な足跡をたどります。


まず1998年に當山(とうやま)奈央、宮里真央、丹羽真由美、門田こむぎの4人で「COLOR」というグループが結成されます。





このグループは1999年にCDデビュー。


デビュー曲『DOUBLE OR NOTHING』は、テレビドラマ『らせん』(リングの続編ですね。たしかギバちゃん、江口くん、長瀬くんが主演陣)の挿入歌として使用される、という破格の扱いを受けています。





その後合わせて五枚のシングルを発表するうちの三作にドラマ主題歌などのタイアップが付く、という順調な出だしだったのですが、2002年に門田こむぎが脱退。





新たに岩永幸子、朝間ユリサ、竹田侑美をメンバーに加え、グループ名も「Buzy」に変更、名曲『鯨』をひっさげて再デビューするのが2004年、と回り道を余儀なくされてしまいます。





この間2002年から2003年まで當山奈央はソロで活動を始め、2枚のシングルを発表しています。





2004年から始まるBuzyの活動は、その後一年遅れてから始まるPerfumeのブレイクに至るまでの長い道のりのネガを見るような足跡をたどることになるのですが、


それについても、また後述、ということで、時計の針を先に進めてしまいます。





Buzyは、メインボーカルに當山奈央(BEEカメの中でPerfumeの憧れの先輩として慕われていたパワーボーカリストNAO)、作詞作曲にポルノグラフィティとまったく同じスタッフ(作曲 本間昭光 作詞 新藤晴一)を擁し、発売された4枚のシングルが楽曲スタッフ独自の世界観で支えられた名曲ばかりだったのにも関わらず、オリコンチャートで20位台の壁を破ることがどうしても出来ないまま2006年に解散してしまいます。





他のBEE HIVE所属メンバーのうち、喜友名星は現在ティアラ名義でモデル活動を、Candyはエイベックス所属のボーカリストとして活動しています(彼女の楽曲PromiseのPVにあ~ちゃん、かしゆか、多分どこかにのっちが参加しているのは割りと有名ですよね)が、青木紗知歩は引退、小野麻亜奈は現在ももがき続け、名取愛加は彼女を中心に結成されたバンドでの活動で苦戦(現在も活動中かどうかは未確認)していた模様。





それぞれ地方から上京してきた少女たちが共に寮で暮らし、レッスンに励んだ『BEE HIVE』という夢の結晶は、一度粉々に砕け散ってしまいます。





Perfumeという奇跡を残して。





でも…


その夢にはまだ続きがあって……とここまで書いて、このお話は続きます。





多分長くなります、この話▽・w・▽

|

« 奇跡と書いてミラクル▽・w・▽~♪ | トップページ | BOYSTYLEの夢の欠けら。その1▽・w・▽ »