« 枕も濡らすハンサム日記▽TwT▽ | トップページ | 君と僕の壊れたハンサム▽・w・▽ »

おっさん丸出しハンサム日記▽・w・▽

以前、今の職場にはまるきり女っけがなくて、まるで砂漠に暮らしているみたいだ、という意味の日記を書いたことがある。

ところが最近二週続けて、配膳会から若い女性が派遣されてきて、一緒に働く機会があった。

だがしかし。

その女性たちが、何がしか乾いた心に潤いを与えてくれたか、といえばそんなこともなかった。
砂漠が緑化されるようなことはなかった。
ラッパを持った天使が頭のまわりを飛び回るようなことは、なかったのである。

先週派遣されてきたのは、学生アルバイトの子で、B三島で勤めていた時にも何度か一緒に仕事をしたことがある相手だった。

見慣れた相手だけに新鮮さも感じず、仕事に関しても初めから期待はしてなかったし、実際仕事振りもそんな感じだった。

今日来たのはもう少し年上の女性。

仕事振りを見て質問をしてみたら案の定以前は南伊豆の旅館かホテルで働いていたことがある、とのことで経験者であることが判明。

婚礼の二次会で予定以上の人数が出席して忙しくなり、お開きになって片付けて顔を見てみたら幾分やつれているくらいにがんばってくれる人だった。

ただ、まあそれ以上に感じることはなく、もちろん仕事をする相手、というだけで潤いを感じるも何もまったく、完璧コンプリートリーにこちらの勝手なんだけど、それにしても自分の中の、死んださんご礁みたいにポキポキと枯れた心境はどうなんだろう。

昔だったらな~、どの子が可愛いとか、可愛い子が一緒の部屋にいないから働く意欲11%くらいだ、とか案外本気で言っていたのに(Tっつんがいなくなってから、この意欲が50%を超えることは決して、ネヴァーなかった)、ああ、おいらも年を取ったもんだ。

そりゃぁね、普通の暮らしなら子供が高校生くらいの年齢なんだから、枯れる部分もでてくるよね。

最後にまったく関係ないけど、FUNKY MONKEY BABYSの『Lovin’ life』という曲、今の季節一番のお奨め♬
聴いてちょーだい▽・w・▽ノ~♪

|

« 枕も濡らすハンサム日記▽TwT▽ | トップページ | 君と僕の壊れたハンサム▽・w・▽ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 枕も濡らすハンサム日記▽TwT▽ | トップページ | 君と僕の壊れたハンサム▽・w・▽ »