« 夜のピクニックとハンサム▽・w・▽ | トップページ | 枕も濡らすハンサム日記▽TwT▽ »

役に立たないハンサム日記▽・w・▽~)

今日(3月6日)は夜からの出勤ということで午前中から昼過ぎにかけてのんびりと過ごせた。

先月に一度退院して熱を出し、翌日には病院へ再入院していた父親は、先月下旬に再退院して、今は在宅介護が始まっている。

入院中に食事制限を守ったことで、かなり状態は良くなり、意識もはっきりとしている。

しかし、普段は家の中で母親と父親の二人きり。
デイケアセンターへは今月から通えることになっていて、今は連絡待ちの状態だ。

母親が朝食、昼食を摂らせて薬を飲ませ、昼過ぎに買い物に出かけるのと交代に階下に降りて、母親が戻る二時間ほどの間、父親が勝手に食事をしたり家の外に出ないようにする。

食事の世話も、下の世話に関しても今は母親にまかせきり。

せめて、休日か夜からの出勤の時には、母親が買い物をする間、なるべく父親の様子を見るようにしている。
出来るのは部屋に行って声をかけるくらいだけど。

糖尿病の病状が落ち着いて意識レベルがはっきりとしていれば、家の中にいる限り以前と変わることの無い生活をすごせているようだ。

しかし、これから病状が進めば、よく聞くように、息子である自分のことさえ分からなくなるようになってしまうのだろうし、そして、その日は多分遠い未来では無い。

入院中に見舞った時には、いい歳をしてまだ独身のおれの身を心配している父親と色々と話をした。

不肖のせがれとしたは、ただ、うんうんそうだね、と相槌を打つくらいしか出来なかった。

退院してからは、せめて話し相手になろう、と思っていたのだが、仕事を終えて家に帰り着き、父親の部屋まで行くと、すでに明かりも消えていて、暗闇の中から寝息が聞こえてくるばかり。

起きている時でも

「ちゃんと薬飲んでる?」

くらいしか、話すことがなかったりする。
元々、年老いた父親と大人になった息子の間の会話なんてそう弾むものでもない。

家にいれば何か役に立つこともあるだろうと、ランチ時に予約が入っていない日には、週のうち何日かを夜からの出勤にしてもらっている。

しかし、昼過ぎまで家にしても、今のところ、介護に関してはほとんど役に立っていないのが現状だ。

まだ、介護の専門家との話し合いを持つ機会がなく(母親と兄は済ませている。日曜にも出勤することが多いおれとは、スケジュールが合わずに、未だ実現していない)、家族として何を心がければいいのか、もよく分かっていない。

今はなるべく、父親に声をかけ、その父親の面倒を見ている母親の話を聞くようにするだけだ。

先は長い。
きっと、まだまだ長い…

|

« 夜のピクニックとハンサム▽・w・▽ | トップページ | 枕も濡らすハンサム日記▽TwT▽ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夜のピクニックとハンサム▽・w・▽ | トップページ | 枕も濡らすハンサム日記▽TwT▽ »