« 見知らぬ猫とハンサム日記▽・w・▽ | トップページ | 無駄に歩く、桜えびとハンサム日記▽・w・▽ »

思い出せないハンサム日記▽・w・▽

夢の途中で目覚めることって誰にでもあることだと思う。

でも、映画やドラマの演出のように、悪夢にうなされたあげく、体をガバッと起こして目覚める、なんてことは40年以上生きてきて一度も経験したことが無かった。

しかし、今朝。

それをやらかしてしまった。

ところが。

その肝心の夢の内容を覚えていない。
夢の中でもおれはベッドに寝ていて、その上から何かが落ちてきて、それをよけようとして…

気が付くとベッドの上に体を起こして、というか、起こしかけていた。
腹筋を鍛える運動の途中で目を覚ました感じだった。

体を起こして、というより何かをよけようとしたら自然と体が起き上がらざるを得ない状況だった。

夢の中では。

何だったかな~、多分、おそらく、なぜか体の上に蜘蛛がいて(天井あたり?)それが落ちてきたか、蜘蛛の体がバラバラになって落ちてきたかして、蜘蛛大嫌い男として必死にそれをよけようとして…

でも、これはいかにもありがちすぎて怪しい。
自分で勝手に記憶を再構成して改竄したものかもしれない。

覚えているのは、上半身をムクッと起こすその途中で

「あ!夢を見てて何かに驚いて上半身ごと起き上がってるよ、おれ」

と一瞬にして理解したことで、体を起こしきる前に動きを止めて、苦笑いとともに再び体を横たえた、ということである。

何だったかな~、と気になるものの、夢の内容というのは一度失ってしまうと、現実に起きた出来事とは違うまったくの脳内活動での記憶なので、もう二度と思い出せない。

でも、気になるのも確か。
何が落ちてきたのかな~?それとも誰か、だったのかな?

う~ん▽?w?▽

|

« 見知らぬ猫とハンサム日記▽・w・▽ | トップページ | 無駄に歩く、桜えびとハンサム日記▽・w・▽ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 見知らぬ猫とハンサム日記▽・w・▽ | トップページ | 無駄に歩く、桜えびとハンサム日記▽・w・▽ »