« きっと美味いぞハンサム日記▽・w・▽ | トップページ | 動画を楽しむハンサム日記▽・w・▽ »

砂漠に暮らすハンサム日記▽・w・▽

5日から始まった仕事。
レストランは相変わらず忙しい時と暇な時の差が激しい。

N沢さんと二人で40人以上のお客さんのサービスをしなければならないか、と思えば昼夜と通じてお客さんが一組だけ、なんてこともある。

前にも書いたことがあると思うんだけど、Bと較べて唯一、そして致命的に足りないものがあって、それが女っ気。

若い女性と会話程度でも触れ合うことなんて皆無。
まるっきりゼロ。

厨房には30代のシェフと調理ヘルプ。
フロアには50代のN沢さんと42歳のおれ。

それっきり。
シンプルに、そしてコンプリートリーに男だけの職場だ。
しかも、ビジネス系のホテル、ということもあって宿泊客のほとんどが30歳以上のサラリーマンか、工事関係の長期滞在者。

女性客が来るとすればランチ時だけくらいなんだけど、その時でさえ若くてもすでに子供が幼稚園くらいの世代の若いママさんたち。

以前に、普段は工場に勤務している配膳会のKくん、と言う人がいた。
彼は当時20代半ばで、Bに派遣されてくるのが楽しみなようで、その理由として

「普段工場の中なんておばちゃんばっかりですからね~ここは若い女の子が多いからうらやましいっすよ」

と、言っていたのを思い出す。

若い女の子がいるといっても、仕事の合間に、後になってみれば記憶にも残らないような他愛の無い会話をしているだけで、しかも職場にいて当たり前の存在だったこともあって、Kくんの言葉も聞き流していた。

若ければ若いだけ年も離れているわけで、二人きりで遊びに誘い出そう、なんて気にはならないし(共通の話題も無いし)、だから気軽にアドレスも聞き出せて、くだらないメールの相手をしてもらったりしていた。

そっか、自分のおっさん具合を考えれば、けっこう恵まれていたのかも。

まあ、あれだよ。
人間には順応性というものがあって、きっとどんな環境にもいつしか慣れて、それが当たり前になってそれはそれで……あ、味気ね~。

|

« きっと美味いぞハンサム日記▽・w・▽ | トップページ | 動画を楽しむハンサム日記▽・w・▽ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

Great book. I just want to say what a fantastic thing you are doing! Good luck!

投稿: Humberto | 2007年1月18日 (木) 19時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 砂漠に暮らすハンサム日記▽・w・▽:

« きっと美味いぞハンサム日記▽・w・▽ | トップページ | 動画を楽しむハンサム日記▽・w・▽ »