« 病いに倒れたハンサム日記▽・w・▽ | トップページ | 病み上がりでもハンサム日記▽・w・▽ »

流行病とハンサム日記▽・w・▽

今現在ニュースなどをにぎわせているノロウィルス。

詳しい情報を知りたい人はこちらをどうぞ

http://idsc.tokyo-eiken.go.jp/noro/noro2.html

(東京都感染症情報センターによる、「感染症胃腸炎とノロウィルス」という、ちゃんとした解説です)

先週おれのかかったウィルス性胃腸炎なんかの原因となるウィルスで、貝類や汚水、ウィルスに感染している人を介して感染していくらしい。

報道されている諸症状を見ると、嘔吐や下痢、発熱など、どれをとってもピッタリ符合している。

実は、同じ職場のN沢さんも熱こそ出なかったものの、同じ夜に何度も下痢を起こして次の日はポカリスウェットを頼りに仕事をしていた、というからこれは感染源が同じと考えたほうが理屈には合う。

合うんだけど、たとえば食事、という一番考えられる原因でいうと、夜の賄いはおれ、N沢さん、シェフのKさん、厨房バイトのTさんとまったく同じ物を食べてKさん、Tさんには何の症状も起きていなかった。

おれとN沢さんは昼食も同じ物を食べた。

昼食は、朝食バイキングの余ったお惣菜を一皿にまとめたものがおかずで、そう考えると、おれたちのほかにも、たとえば同じ材料で作られたものを食べただろう宿泊客も無事だった(食中毒と似た症状なので、もし誰かにおれと同じ症状が出ていたら大事になっている)ことを考えると、可能性が低くなる気がする。

おれの場合発症した夜には賄いを食べる前から寒気と胃の痛みがあった。

中抜けの時には私服の上着を着ていて、仕事が始まる夕方には、それを脱がなければならないので相当寒い。

Tシャツの上にYシャツ、その上にベストをつけただけで仕事をしているのだから、暖房が入っているとは言え、今の季節にはかなりの薄着。

だからてっきり風邪のひきはじめだとばかり考えていた。

実際、ウィルス性胃腸炎(報道なんかだと感染性胃腸炎と言われている)は通常医師の診断を仰いでも「お腹にくる風邪」として処置されることが多い、とのこと。

風邪なんかですむか! と突っ込みたくなるほどの激しい吐き気と、ほんっとにピーピーになる下痢症状、38~9度まで上がることもある発熱、のトリプルパンチなどで乳幼児やお年寄りがかかると重い症状になることも多いらしい。

空気感染するわけではないので、とりあえずは手洗いを頻繁にしていればそう感染することもないはず。

しかし食べ物を扱う仕事柄まめに手洗いをしている方だと思うし、衛生管理は何よりも大事にする職種なので、そこで感染したと考えるのは納得がいかない。

となると家で、か。

でもな~感染から発症までどのくらいのタイムラグがあるか分からないけど、家じゃほとんど物を食べないんだよな最近。

と、謎が謎を呼ぶウィルス性胃腸炎の感染ルートはとにかく、か~なり苦しいんだからみんなも本当に気をつけるように▽・w・▽ノ

|

« 病いに倒れたハンサム日記▽・w・▽ | トップページ | 病み上がりでもハンサム日記▽・w・▽ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 流行病とハンサム日記▽・w・▽:

» ノロウイルス [time goes by]
毎年冬場になるとインフルエンザや各種ウイルスによる感染などが報道されているが、最近猛威を振るっているのはノロウイルスというウイルスだ。 [続きを読む]

受信: 2006年12月13日 (水) 04時39分

« 病いに倒れたハンサム日記▽・w・▽ | トップページ | 病み上がりでもハンサム日記▽・w・▽ »