« ケツをまくったハンサム日記▽・w・▽ | トップページ | 麺処 田ぶし とハンサム日記▽・w・▽ »

人生には振り返って見なければ分からないことだってある、ハンサム日記▽・w・▽

いやに含蓄に満ちた感じのタイトルになってしまったけど、別に今まで生きてきた過去を振り返る、というんじゃなくて、本当に振り向いてみたら、な~んだって感じたこと。

レストランでは大体仕事上がりが10時過ぎ。
家に帰り着くのが11時近くかそれを過ぎた頃で、まずフロに入ってから二階の自室に上がり、着替える。

着替える前にパソコンの電源を入れておき、着替え終わったとたんにネットのチェック。

ダイレクトメールばかりのアウトルックをチェックして、I.EでYahooを開き、ニュースやスポーツ、芸能情報を見る。

そのあと、shinobi.jpでブログのアクセス解析を見てから、ここ、黒猫堂にやってきて、気が向いたか何かネタがあればこのように日記を更新する。

これであっという間に深夜2時も半ばを過ぎてしまう。

朝起きるのはほぼ決まって9時20分くらい。
起きてトイレに行ってヒゲを剃って歯を磨いて顔を洗って、着替えて出かけるまでが大体10分か15分くらい。

家を出て坂を降り、バス停まで歩いて待つ。
やってきたバスに、停まってくれるよう祈りをこめて手を上げる。
日ごろの行いが良いせいか、たいていの運転手さんは気づいてくれる。
運良く乗れたらそのまま終点の中央ターミナルまで乗って、そこから乗り換え。

この乗り換えの待ち合わせ時間が20分くらいで、実は1本早いバスがあるんだけど、それだと早く仕事場に着きすぎてしまうので、悩む。

朝食は、このターミナル近くの売店でお握りを買って済ませるか、一本早いバスに乗って、仕事場近くの吉野家で食べる。

仕事場近くのバス停で降りると、吉野家は道路の向かい側にある。
降りてそのまま前に歩くと歩道橋があって、そこを渡ると道路の向こう側に行ける。
大した距離でもないし、大した運動でもないんだけど、なぜか朝から階段の上り下りって億劫で、歩道橋じゃなくて横断歩道くらいないのかよ~、と心の中でぼやく。

でも、歩道橋があるくらい車の交通量が多いなら、横断歩道って危なくて無いんだろう、とずっと思って、吉野家で朝食を食べるたびに歩道橋を渡っていたある日。

それは、今思えば天使が肩でも叩いてくれたとしか思えない。
バスを降りた時から何か予感のようなものがあった。
まるで人生の行き先を決めてしまうような精霊の囁き。

バスを降りて、振り返ったそこには。

ごく普通に、ずっと前から横断歩道があって、ちょうど信号が青に替わって、お年寄りがへこへこと平和に、自分の人生の残り時間なんて少しも気にした様子も無く、横断歩道を渡っていた。

しかもこちら側の道路から向こう側に横断歩道を渡るとほぼ正面と言ってよい場所に吉野家はあった。

大体おれは歩く時には正面しか見ない癖みたいなものがあって、吉野家に向かう時には吉野家しか見ない。

考えてみれば当たり前のことで、たかだか吉野家で何か食べようと歩いている時に、ふと立ち止まって回りの風景を見渡して、自分は人生を生き急ぎすぎているんじゃないか、と軽く反省していたら、その日の労働意欲的にも支障を来たす。

だから吉野家しか見ないで歩いてきたことに悔いはないんだけど、よりによって横断歩道の正面に建っていることもないんじゃないか、と思う。

だからこの日記を読んでくれている、特に知り合いの人には言っておきたい。

人生には振り返ってみなければ分からないことだってあるんだよ、と。

あの日振り返って横断歩道を見つけられなかったら、バスに乗ってその横断歩道を通り過ぎた時点で気づけ、という突っ込みも可能な自分の不注意、ぼんくら振りをネタに、こんな日記を書くことも出来なかったのだから。

あと、吉野家にも一言言っておきたい。
味噌汁の味がもろインスタントって外食産業としてどうなんだ? 

|

« ケツをまくったハンサム日記▽・w・▽ | トップページ | 麺処 田ぶし とハンサム日記▽・w・▽ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人生には振り返って見なければ分からないことだってある、ハンサム日記▽・w・▽:

» lampada sala [lampada sala]
jeff stearns informazioni traffico viabilita licenza edicola i... [続きを読む]

受信: 2006年11月25日 (土) 05時16分

« ケツをまくったハンサム日記▽・w・▽ | トップページ | 麺処 田ぶし とハンサム日記▽・w・▽ »