« 思わぬ指摘とハンサム日記▽・w・▽!? | トップページ | 寝起きで書いてるハンサム日記▽・w・▽ »

痛みに耐えつつハンサム日記▽>w<▽

血なまぐさい話が苦手な人は読まないように。

昨日今日と週末なのでBで仕事。
昨日の仕事は何とかこなしたんだけど、今日は足の指の爪をはがしてしまった。

2階の小さな部屋で元女子高生たちの同窓会担当。
と言っても、年齢的にはお孫さんがいるくらいの人たち。

その隣りの部屋では法事の食事出しが行なわれていた。
隣りの部屋の方が人数が多い。
その分、食べ終わって下げられる食器類の数も多く、その片付けでカチャカチャと音がして、結構うるさい。

こちらの小さな部屋の出入り口付近で片付けが行なわれているため、その音が部屋の中までひびいてしまっていた。
しかも1人1人が立って話すのを、他の人が食事の手を休めて静かに聞く近況報告が始まってしまった。

静かに片付けて、と言っても食器類の数が多いので音を出さないでゆっくり片付けることは難しい。
出入りが面倒だけど、ドアを閉めてしまえば問題ないか、と思ってドアストッパーを外し、ドアを閉じようとした時。

足に激痛。

サービススタッフの仕事というのはイメージよりも力仕事が多い。
ビールケースの出し入れや、椅子机の片付け、食器類の入った重い箱の持ち運び、ポータブルステージの設置や片付け。

扱う物が重いので、ちょっとしたことで怪我をすることも多く、でも大抵は「指をはさんだ、あ痛てて」とか、「痣になっちゃったよ~」くらいですむのだけれど。

この仕事をはじめて17年、仕事を抜けて病院に行くほどの怪我は初体験。

ドアと床、その間の2cmほどの隙間に右足の親指が入りこんでしまい、革靴ごと巻き込まれて親指の爪がちょうど真ん中あたりを折り目にしてめくれ上がってしまった。

もちろん、最初は痛みでどんな状態になっているか、なんて考えられなかった。
息も出来ない痛みにうずくまって身動きが取れない。

でも。

今までにもこんな風にして、たとえばワゴンや円卓についている車輪に指を轢かれてしまったこともあった。
瞬間すごく痛くて、同じようにうずくまってしまうんだけど、しばらくすると痛みはひいて、悪くてもちょっと血がにじむ程度ですむことがほとんど。

今度もきっと、今に痛みも引いて……いかねー…

恐る恐る靴を脱いで、靴下の上からそっと触ってみる。
靴下を軽く盛り上げているのが自分のめくれ上がった爪だ、と気付いて心が折れた。

ギブアップ。

どうなっているのか、見るのは怖いけど、怪我の状態を見てもらわないと担当を替わってもらうことも病院に行った方がいいのかを判断することも出来ない。

靴下を脱ぐと、前述したような状態の変わり果てた我が親指が出てきた。
傷を見た毎度おなじみA課長が1階の事務所に電話をして、たまたま手が空いていた宴会営業のIさんを呼んでくれ、そのままIさん運転の車で休日診療の医療センターへ。

歩けることは歩けるんだけど、地面に親指をつけないようにして歩くのって結構難しい。

受け付けを済ませ、さほど待つこともなく診療室へ入る。
親指の状態を見た看護師さんが顔をしかめる。

病棟のベッドから抜け出してきたんじゃないか、と思えるほどお年寄りのおばあさん達だったんだけど手際よく医師とともに治療を施してくれた。

さすがに休日診療の医療センター、治療も念入りだ。

「しみますよ~」

と言いながら消毒用の濡れた脱脂綿で傷口付近を洗浄し、

「今度はもっとしみますよ~イソジンですから」

と言って、うがい薬で有名なブランド名を口にしてチョンチョン、と塗り、ガーゼをあてて包帯も巻いて終了。

え?
まさか?

「明日近所の外科に行って必ずちゃんとした治療を受けてください。今日はあくまでも応急処置だけですから」

これが噂に聞くインフォームド・コンセプトってやつか。

ちゃんとした治療って、今あんたがおれにしたことはじゃあなんだ。

診療時間の何倍の時間も待たされて化膿止め、痛み止めの薬をもらって支払いを済ませ、Bに戻ると今日はさすがにお役御免。

帰ってよい、ということになるも、さすがに管理職A課長はスケジュールの忙しい3日、5日は出勤出来そうかを気にしていた。

今もまだめくれ上がった状態のままついている爪を病院で取り除いてもらえば、靴も履けるようになり、その頃には痛みも引いて歩く時に足をひきずることもないだろう、と判断して出勤します、と答えて上がり。

三島駅まで送ってくれる、と申し出てくれていたIさん、駅の階段の昇り降りを心配してくれて自宅まで送るよ、と言ってくださる。
感謝。

ただ、この時点ではもう一つの痛みはまだ影を潜めていて、電車でも大丈夫なんだけどな~、と甘く考えていた。

そして今。
この悲しい日記を書いている午後9時過ぎ。

痛みは痛み止めを飲んでいなければ耐えられないほどにレベルアップしている。
重いドアのやつ、爪だけでなく、骨まで破壊してくれたらしい。

親指の関節から筋のあたりが痛みで疼いている。
痛み止めはあと1錠。

長い夜になりそうだ(T▽T)

|

« 思わぬ指摘とハンサム日記▽・w・▽!? | トップページ | 寝起きで書いてるハンサム日記▽・w・▽ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 痛みに耐えつつハンサム日記▽>w<▽:

« 思わぬ指摘とハンサム日記▽・w・▽!? | トップページ | 寝起きで書いてるハンサム日記▽・w・▽ »