« お詫びと訂正とハンサム日記▽・w・▽ | トップページ | 漫才コンビとハンサム日記▽・w・▽ »

漫才ブームとハンサム日記▽・w・▽

先月の22日に脳溢血で倒れ、意識不明のまま入院中だった、元漫才師の松本竜助さんが亡くなった。49才だったそうだ。

現在、多くのテレビ番組で司会をしている島田紳助と「紳助・竜介」というコンビを組んでいたのはもう20年以上前のこと。
当時の漫才では(今でもまだそんな感じだけど)脚光を浴びるのはボケ役の漫才師ばかり。
ツービートのビートたけし、ザ・ぼんちのおさむ、B&Bの島田洋七、のりお・よしおの西川のりお、紳介・竜介の島田紳助。
テレビ用の舞台に出てきて、ワーキャー言われるのはほとんど彼らのほうだった。

突っ込み役の多くは、ボケて爆笑をとりまくる相方の横で「うなづいているだけ」なんて言われていた。
今の漫才師でいうと、中川家、のお兄ちゃん(剛)みたいな扱われ方だった。
実際には、ザ・ぼんちのまさと、B&Bの洋八、のりお・よしおのよしおなどは漫才師としてのスタイルがオーソドックスなだけで、決して下手な漫才師ではなかった、と思う。
横に立つ相方が猛烈なスピードでネタをしゃべくりまくってる合間に、そう上手な突っ込みは入れられなかっただろう。
現在の漫才やコントのように、的確な突っ込みが入ることを前提としたボケ、というのはほとんどなかったのだから。

ただ、その中でもこの亡くなった松本竜介(当時、現在は竜助だった)は、まあ確かに素人目に見ても下手な漫才師だったように思う。

まず、活舌が悪く何をしゃべっているのかが聞き取りにくかったし、突っ込み役の大事な仕事である、ネタ振り、のときに焦ってよく言葉がつっかえた。
そこへもってきて、ボケ役の紳助のネタ、というのが、今の司会振りを見てもらえば分かるように、自分でネタを振り、自分で膨らませ、自分でオチをつける、というスタイル。
一人で完結してしまえるネタが多かったのだ。
隣りに立っている人間にはうなづくか、「んな、アホな」と、言うくらいしかすることが無い。

解散して正解、というよりキツイ言い方をすると、そもそも紳助は漫才というスタイルを必要としない芸人だったのかもしれない。
その隣りに立つ、松本竜介の心境はどんなものだったのだろう。

突っ込み役の方にも観客の視線が集まるようになるのには、ダウンタウンの出現を待たなければいけない。

「ダウンタウンの漫才を見て、もう彼らにはかなわない、漫才はやめなければいけないと思った」

と、言って紳介が紳助・竜介を解散したのが1985年。
それから20年。
若い頃から定評のあった話芸にみがきをかけ、今や全盛期を迎えている紳助は、50才になったら一回だけ漫才をやろう、と元相方と約束していたという。
大人に、というよりおじさんになった紳助・竜介の漫才。
見てみたかったような気がする。

|

« お詫びと訂正とハンサム日記▽・w・▽ | トップページ | 漫才コンビとハンサム日記▽・w・▽ »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 漫才ブームとハンサム日記▽・w・▽:

» 松本竜助さんに捧ぐ −人形劇 三国志 [エンタメ大百科]
■松本竜助さんが亡くなられた。松本紳助とのコンビ「紳助・竜介」で漫才ブームで人気となり、その後は個々に活動するようになる。松本紳助と比べると地味な存在だったが惜しい人を亡くした。 ■当の本人たちはほとんど記憶にすらないかも知れないが、人形劇「三国志」での紳々と竜々(シンシンとロンロン)というキャラが印象的だった。完全に架空の人物なのだが、”一般人”の目線キャラとして登場していた。時には劉備の側近になったり雑兵の一人と様々。英雄伝の中で、有名な英雄たちに振り回される普通の人たちの心情をコミカルに... [続きを読む]

受信: 2006年4月 2日 (日) 06時10分

» 宝石だった松本竜助さんに捧ぐ  [運命学で天職バリエーション化〜成功の秘術]
こんにちは! (財)生涯学習開発財団 認定コーチの夏見モンドです。 ←毎日応援クリックお願いします! 昨日は、運命学コーチング・ワークショップやってきました! 今回は、運命学についても、さらに詳細に解説をしましたので、 みなさん、確信を深めら....... [続きを読む]

受信: 2006年4月 3日 (月) 13時32分

» さよなら竜介さん!あんた最高に面白かったよ! [「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!]
竜介さんが、最後の別れ [続きを読む]

受信: 2006年4月 3日 (月) 21時23分

» 松本竜助さん死去 [FUKUHIROのブログ]
漫才コンビ「紳助・竜介」の松本竜助さんが1日、 脳出血のため大阪市内の病院で死去した。49歳。 通夜は2日、葬儀・告別式は3日に大阪市内で 営まれた。 コンビ活動は1977年から8年間。竜助さんは、 解散後に起業したが、自己破産。その後は河内家 菊水丸に弟子..... [続きを読む]

受信: 2006年4月 6日 (木) 18時13分

« お詫びと訂正とハンサム日記▽・w・▽ | トップページ | 漫才コンビとハンサム日記▽・w・▽ »